1LDKlife

無印のポリプロピレン引出をリメイクして黒にしてみた。

以前、無印の引き出しを少しだけマステで巻いたことがあって。

 

 

この時はテレビ横に置いている8段くらいをマステで巻いたんですけど、けっこうしんどかった。

 

 

でもリビングの収納も全部やりたくって…

 

でもしんどいのわかってるからなかなか重い腰が上がらなくって…

 

という葛藤を、なんと1年以上続けてたんですが。笑

 

 

とうとうリビングに置いてある引き出し全部やっちゃいました。

 

無印のポリプロピレンの引き出しを黒化、ビフォーアフター

before

無印の半透明引き出し収納。

 

半透明の引き出しの中に白いスチレンボード(一部は画用紙)を差し込んで中が見えないようにしていました。

 

これはこれでよくある光景なんですが、経年でボードが変色したりしてどっちみちどうにかしなきゃなって思ってたところでした。

 

after

無印ポリプロピレン引出のリメイク

 

そしてマステを貼って仕上げた結果。

 

↓前から見た感じ。

無印ポリプロピレン引出のリメイク_正面

 

完成直後、こんなことやってる自分のバカさ加減になんだか笑いがこみあげてきました。笑

(深夜1時)

 

無印のポリプロプレン引き出しをリメイクした材料は?

1.無印のポリプロピレン引き出し

 

ベースとなる無印のこの引き出しは我が家のあらゆるところで使っています。

 

2.mtのマステ

 

15mm、50mm、100mmを使っています。

 

100均でも黒マステはありますが、mtのマットブラックは黒が強くて透過しにくく、重ね貼りしても貼ってる感があまりありません。

また長期間貼っていても、使用状況によって切れることはあっても粘着が剥がれてくることがないのでおススメです。

 

3.ラベルプレート

 

白と悩みましたがマットメタリックのラベルプレートを使用しています。

 

4.根性

実は一番大事です。笑

 

1つ終わるごとに積み上がる残りを見て『嗚呼…』と思いながらやってました。

 

また、少しずつ体勢を変えながらやらないと、同じ姿勢でずっと貼ってると腰とか腕とか痛めます。

 

無印純正の中身が見えないボックスもあるよね?変えた方が早かったんじゃない?

そうなんです。

不透明のホワイトグレーのボックスも無印から出てるんです。

 

[外寸]約幅26×奥行37×高さ12cm [引き出しの内寸]約幅22.5×奥行34×高さ8.5cm

 

でも、あるものを何とかしたかっただけというか、新しい物に買い替えようって気は今はないんですよね。

使えてるし。

 

これまるごと買い替えるとなると結構なご予算必要だし。笑

 

引き出しを買い替えるなら次はBISLEY!と思ってますしね!

 

塗装の方が早くない?

ぶっちゃけ正直なところ、この量にマステを貼るなら塗装の方が早いと思います。笑

 

ただ塗装するにはそれを乾燥させるスペースも必要で、我が家にはその場所はありません。

 

また塗料の独特の匂いが私自身苦手だし、近隣がわりと密な地域に住んでるので、あの量を塗装するとなると近所から苦情が出かねないな、と思ったこともあってやめました。

 

でも貼りながら『塗装すればよかったかな…』って何回か思いました。笑

 

マステなら剥がせるしね!と思ったけど、この数を今度は剥がすとか想像しただけで気が遠くなるのでたぶんそのままだろうな。

 

ラベリングは必須

ほんとはマステを貼り終わったら後日ゆっくりラベリングを…と思ってたんですが、全部ラベル剥がしちゃったらどこに何があるんだかわからなくなって、慌てて作りました。笑

 

ラベルプレートを貼って、中のラベルはWordでまとめて作って切って入れてます。

最初だからWordで作りましたけど、追加修正はテプラで印刷する予定。

 

フォントはフォントワークスさんの『RocknRoll One』を使っています。

 

ラベリングは以前はテプラで印刷したものを直に貼ってたんですが、今回は黒いマステの上になるのでネームプレートを調達しました。

 

家族の反応

カッコいい!ってムスメが言ってくれたから、もうそれでいっかな、と。

 

普段家の変化になかなか気付かない夫も流石に黒い収納の圧に『黒になってる!』と気づいてました。

 

でもたぶん内心呆れてると思う。笑

 

難しい?

何でもそうですが、根気と時間と体力を費やせばできます。

 

ただ私はこの数を正味まる2日で貼りましたが、もう2度とやらないって思いました。笑