1LDK、3人暮らし。

1LDK、40平米(40m²)の賃貸アパートで、全然ミニマルじゃない量のモノに囲まれ、
小学生のムスメとオットと共働きな私の3人で暮らしています。
極小な我が家の部屋づくりと我が家で起きたコトを気の向くままに書いています。

薬箱を整理して見やすくスッキリ。

今日は先日の手術の抜糸に病院へ。

 

抜糸後は、ケロイドになるのを防ぐために保護テープを貼ってね、と言われ、所定のテープを購入。

 

帰宅して、テープをしまおうと薬箱を開けて、ふと…

 

 

最近薬箱の点検をしてない…

 

 

気が付いてしまったらやらないわけにもいかず(笑)

薬箱の中身を整理しました。

 

薬箱と言っても、リビング収納の一角、無印のポリプロピレン引き出しの1つなのですが。

リビングの収納。

ここに薬引き出しが。

 

我が家は何かあるとすぐ病院に頼るので市販薬はあまりなく、処方薬は別に保管場所があるため、ここには大して入ってないと思われたのですが…

実際棚卸してみると、使用期限の切れた軟膏や湿布、古い体温計など、使わないものがゴロゴロ( ゚д゚)ポカーン

 

無印のハーフサイズのポリプロピレンメイクボックスが余っていたので、薬箱の中身を種類ごとに分けてみました。

 

薬箱の中身。

①今は空っぽです。

②包帯やパッドなどの、絆創膏以外の救急衛生用品

③絆創膏(我が家はケアリーブ派)と、キズパワーパッド

④歯間ブラシと歯垢染色剤、酔い止め、など、口に入れるモノ

(我が家ではムスメがリビングで歯を磨くため、薬箱に歯間ブラシと歯垢染色剤を入れています)

 

持ち運び用のマスクケースは使用頻度が低いので、奥に。

(普段は外出時に忘れたとき用に、個包装のマスクを1枚バッグに入れてます)

 

歯間ブラシを使うため毎日何回か開く場所なので、そんなに荒れてるとも思ってなかったんですが…

いつの間にか色々なものが使用期限切れになっていても、毎日開けている場所だからこそ使わないものも見慣れてしまって放置してしまっていました。

 

現状はこれで使用期限の付いたものはほぼなくなりましたが、次に何か市販薬を入れる時は気を付けないといけないなと思いました。

お読みいただきありがとうございます(*´∀`*)
↓どちらかクリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

コメントを送ってみる。

メールアドレスは公開されません