1LDK、3人暮らし。

家事を削ぐ、という考え方。

先日、削ぎ家事研究室室長の奈緒さんとランチに行ってきました♪

※『整理収納アドバイザー』という肩書を『削ぎ』たいそうなので敢えてのこの名称だそうです

 

 

 

ちなみに削ぎ家事研究室とは

 

いかに毎日の面倒な家事を削ぎ落し

時間に追われず充実した毎日を過ごすかを日夜、研究するところ。

 

です。

ブログより抜粋。

 

 

ご飯もおやつもおいしくて~

 

ピッツァ ボルサ

 

ア・ラ・カンパーニュ 桃のケーキ

 

ぽよまっしぐら。

(『ぽよ』とは、ムスメとの会話の中で生まれた言葉で、ぽよよんとした腹のことを差します(笑))

 

 

削ぎ家事』とは、その名のとおり、

不要なモノを削ぐ、

不要な作業を削ぐ、

 

でも

何でもかんでも捨てるわけではない、

何でもかんでも整理整頓するわけではない、

 

これってすごくラクな考え方だなって思います。

 

 

家事って、日々のコトです。

 

1回終わったら終了!

ではなくて、

 

毎日毎日、一生続いていくコトで、

止めるわけにはいきません。

 

だからこそ、無駄なコトやモノを削いで

少しでもラクにしていきましょ!ってことなんですよね。

(違ったらごめんw)

 

 

たとえば同じ整理収納でも、

 

雑誌のような『びしーっと』『きれいに』をまねても

アクション数が増えてしまうと面倒になり、きちんと戻せず元の木阿弥、

 

そうならないためには

必要な仕分けはして、

無駄な動き(ふたや扉を開けたり中まで整理整頓したり)は削ぐ、

 

結果、出し入れしやすくなってモノを入れる手間も探す時間も削げる。

という話とか。

 

こうやって無駄なモノや動作を削いでいくコトで、

暮らしやすさ、掃除や整理のしやすさにつながっていくんですね。

 

 

なおさんちには年頃の息子さんと娘さん、

それにワンコまでいるのに、あのスッキリよう!

驚きます…というか見習えうちの家族。

 

 

我が家は

 

どうしてもその辺に持ち物をポイポイしたがるムスメと、

 

一見片付けてる風で、

ゴミ箱はいっぱいになったら力業で押し込むか積む、

洗濯物もひたすら積む一方のオット。

 

結局、家族の『面倒なひと手間』が削げてないんだろうなぁと気づかされます。

 

 

なおさん見習って、削げるとこは削いで、目指せ暮らしやすい我が家!

(現在ムスメの夏休みでとっちらかりすぎてるのでなんとかせねば…)

 

 

たくさん勉強させていただきます(人-ω-)゚*。☆

 

 

奈緒さんのご本です~

がんばらない家事

がんばらない家事

今日もお読みいただきましてありがとうございました!(*´∀`*)

皆様のクリックが記事更新の励みとなっています…ほんとです…

よろしければぽちっとクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ