1LDKlife

たまには防災食の賞味期限チェックをしておかないと、いざって時に食べられません。

うっかりやらかしました…

 

防災食の賞味期限切れ!

 

 

先日、疲れてる時にゴハン作りたくなくって、

 

そうだ!防災食の期限見直しがてらおかずにしちゃおう!

 

 

と、防災食入れのレトルト食品をガサゴソ漁ってみたら…

 

 

賞味期限、が!

 

切れてる!

 

 

一緒に入れていた長期保存カレーは無事だったんですが、『防災用』ではない、普通のレトルトパックが軒並みアウトだったという…

 

 

普段キッチンに置いて普段使いながらストックしている缶詰類は、使うたびに補充しているため期限を気にしたこともなく、

 

今回は長期保存用防災食と普通のレトルト食品を一緒にしていたのが敗因。

 

 

今回は長期保存カレーを食べ…

 

食べた分のカレーと、期限切れだったレトルトパックの補填分に再度、長期保存カレーを追加しました。

防災用の長期保存カレー。

 

我が家が防災用に準備しているカレー

我が家では永谷園のA-labelシリーズを常に置いています。

【内容量】210g×10袋/「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆」と「香料・着色料」、「化学調味料」を使わずにつくった、アレルギー配慮の商品ブランド「A-Label」のカレー(甘口)です。/温めずそのままご飯に掛けても食べられます。

 

このレトルトカレーを選んでいる理由は

  • 甘口(ムスメが辛いカレー食べない)
  • アレルギー対応(我が家は食物アレルギーはないんですが、何かあったときに誰かに渡せる)
  • 温めなくても食べられる
  • 長期保存(最大5年)対応
  • まとめ買いしやすいお値段!(防災食品って割と高額なので…)

 

 

他のメーカーでも温めなくても食べられるタイプはありますが、『甘口』ってところと、量が多い(210g)ってのがポイントです。

 

ほんとは多少辛くてもいいんですが、ただでさえ災害時は食にストレスが出るところかなと思うので、少しでも家族に不満がないモノを選んでおきたくて。

 

 

防災用食品は、移動できるスーツケースと家に分けて置いています。

 

なぜ分けているかというと、家族ぶん×数日ぶんのレトルト食品って結構重たい!ので、災害時の機動力的に余り重たいと私やムスメ一人では持てないから。

家族全員必ず家にいるわけではないですからね。

 

スーツケースには最低限のお菓子(長期保存ようかんなど)だけ入れていて、長期保存のレトルトパックは玄関にまとめています。

 

 

こうやっていざというときに使えない!食べられない!では、せっかく準備しているのにもったいない!

(今回のように)

 

定期的なチェックも大事だなとしみじみ思った出来事でした。

にほんブログ村 インテリアブログ モノトーンインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 賃貸暮らしへ

↑応援ポチお願いします!書く活力になります!