1LDKlife

ヨーグルトメーカーで甘酒を作ってみます。

早いものでもう10月です。

最近体調がよくなくて、先週はとうとう2日まるまる寝込みました…

 

健康が取り柄だった10代20代はどこへ。

 

さて。

 

健康のことを考えていた時、パルシステムのチラシで『乾燥麹』と、保温ポットを使った甘酒の作り方を見つけまして。

 

『そういえば甘酒って体にいいんだっけか』

と、注文してみました。

 

届いた乾燥麹を片手に夫に

 

『保温ポットで甘酒が作れるんだよー♪』

 

と自慢げに話したら

 

 

『ウチにあるヨーグルトメーカーで作れんじゃないの?』

 

そんなものがうちにもあったっけか…

 

そういえばムスメが保育園時代、冬を乗り切るためにR-1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで量産しようとした記憶がありました。

(セコい)

 

結局3回くらいで飽きて、その後ずっとキッチンの奥に眠っていたヨーグルトメーカー。

 

若干黒歴史のため存在そのものが記憶から抹消されていました…。

 

ヨーグルトメーカーで甘酒作りを目論んでみた

せっかくなのでキッチンの隅っこで眠っていたヨーグルトメーカーを思い切って出してみました。

 

 

このヨーグルトメーカー、調べるともちろん新製品が出ていました。

 

モノって使わないまま古くなっていきますよね…

 

 

最新モデルは単色でかっこいい!

 

【外形寸法】高さ188mm×外形160mm/【内容器容量】(ガラス)1100ml/【設定温度】25℃~70℃/【タイマー】10分~50分・1~48時間

 

 

最近は可愛いヨーグルトメーカーもたくさん出ていますが、私はビタントニオのヨーグルトメーカーがカッコよくて好きです…。

 

【サイズ】(約)幅12.5×奥行14.5×高さ28cm(本体+カバー)/【容器容量】約880ml(100mlごと~700mlまで目盛あり)、満水容量:約880ml

 

ヨーグルトメーカーで作る甘酒のレシピ

さて、覚書に。

 

レシピはメーカーサイトからお借りしました。

 

 

ヨーグルトメーカーでの甘酒作りの材料:

  • 水200cc
  • ごはん320g
  • 乾燥麹200g

 

乾燥麹はみやここうじを使いました。

【内容量】1kg/【原材料】米(国内産)

 

 

作り方:

  1. 水とごはんを先に混ぜておく
  2. ごはんが冷めてから麹を入れる
  3. 説明書に従って設定してスイッチオン

 

おしまい。

 

簡単!

 

 

ただ難点が…

 

乾燥麹が…めちゃめちゃ宙に舞います!

 

キッチンの作業スペースが埃のような麹菌まみれに…

 

 

台はアルコールスプレーで拭いたけど、四方八方に飛び散ったままですが大丈夫なのかどうなのか。

 

 

そして現在絶賛仕込み中です。

 

6時間でできるらしいんですが、実は普段外で仕事をしている身だと6時間ってすごく微妙だなーと思いました。

 

というのも朝出勤前にセットすると帰宅時にはすでに加温が終わって電源が切れてしまっているし(常温で放置しておいていいものとも思えない)、仕事から帰宅してからセットすると寝る前にできるかできないか非常に微妙な時間。

 

今日はたまたま早く帰宅していたので今日やっちゃいましたけども。

 

夜寝る前に涼しめのところでセットしておいて朝気象とともに冷蔵庫に放り込むのが一番いいのか…

あとは休日、まる1日家にいるときか…

 

作る時間帯が実は一番の悩みどころです。

 

 

どんなふうになるかドキドキ楽しみ!

にほんブログ村 インテリアブログ モノトーンインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 賃貸暮らしへ

↑応援ポチお願いします!書く活力になります!