1LDK、3人暮らし。

40m2(40平米)の小さな我が家で、共働き親子が快適に暮らすための、モノ、コト。

このサイトについて

はじめまして。『1LDK、3人暮らし。』を運営するAYAと申します。

 

『1LDK、3人暮らし。』は2013年4月からFC2様で運営しておりましたが、この度 自分の勉強も兼ねてWordpressへ移行いたしました。

内容に関してはこれまでと変わらず、インテリアのこと、収納のこと、家族のこと、日々のことなどを綴っていきます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

ワタシのコト

アラフォー女、日中は仕事(接客業)をしていて、帰宅するとダラリとしています。

基本的に面倒くさがり、時間の配分がへたくそ。忘れ物、忘れごと多し。

得意技は見切り発車です( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

綿密に計画を練るくせに最終的には勘という…

 

 

我が家のコト

オット(深夜帰宅)とムスメ(小学生)の3人で、約40平米の1LDK(賃貸)に住んでいます。

 

恥ずかしながら、我が家は数年前まで、いわゆる物置系の汚部屋でした。

 

部屋全体がモノで侵略され、床も棚も机の上も下も、どこもかしこも様々なモノが積み上げられ押し込まれている、まさに物置状態。

モノが多いことは自覚済みでしたが、そもそも実家がモノ屋敷、ワタシ自身モノに埋もれて育ったため、そこまでの不快感もなく生活をしていました。

たまに気まぐれで収納用品や家具を買い足し、けれどうまく収納できず、空っぽの収納家具の前にモノが山積みになるという状態でした。

 

モノに埋もれ、幼いムスメの世話と仕事の両立に追われ、部屋のことを考えることも忘れていたある日、オットが職場の人間関係から鬱病と診断されました(現在は症状もなく薬も飲んでいません)。

 

休職期間が長引く中、部屋を片付けよう、と決心した出来事があり(書きたいのですが長くなるので詳細は割愛します…)、そこから徐々にモノを減らしていくようになりました。

そして部屋が片付いていくにつれてワタシ自分の意識も変わっていき、こういう部屋にしたい、こういう生活を送りたい、という気持ちが芽生えました。

 

きっかけはオットの鬱病でしたが、今では当時とは部屋の印象も大きく変わり、ありがたくも『汚部屋時代が想像できない』と仰っていただけるようになりました。

ヤッター!(*´▽`*)

 

 

このブログはもともと、部屋を変えたい気持ちと、部屋自体のことを書き留めていこうとはじめたブログです。

 

ちょっと気を抜くとすぐ散らかるので、現在は だらけがちな自分を奮い立たせるために続けています(笑)