1LDK、3人暮らし。

ほぼ日手帳を諦めた話。

こんなことを書くと恐れ多いというか

ホントに失礼な話なんですが。

 

 

今年モデルで新しく登場した

『ほぼ日手帳day-free』

 

ほぼ日手帳を使ってみたかったんだけど、

というか1回使ったことがあったんだけど、

 

1日1ページ日にちの振り分けられたページに

何を書いて良いかわからず

 

挫折したのがもう10年くらい前。

 

 

今年モデルで、

手帳の後半は日にちが割り振られていない方眼ノートの『day-free』を見て

『これなら憧れのほぼ日手帳が使える!』

 

と、発売日当日に購入したのが昨年11月。

 

 

嬉しさのあまり記事にまでしていました。

 

そして昨年12月、ウッキウキで使おうと開いたんですが…

 

 

なんかね。

 

 

結論から言うと、ワタシには使えなかったのです。

 

 

世にたくさんいらっしゃる、

ほぼ日手帳をガッツリ使いこなしてる方や、

普通に使っていらっしゃる方には、

 

何より作られた方々には、

本当に申し訳ない話。

 

 

手帳の『圧』に、負けてしまったんです。

 

 

ほぼ日手帳ってホント素晴らしくて、

かゆいところに手が届いているというか、

まさに至れり尽くせり。

 

手帳として完成してしまっているそれに、

ちょっとメモしたいだけのワタシは書くことができなかった。

 

 

『書かなきゃ始まらないし!』

と何ページか使ってみたものの、やっぱり無理。

 

以前から手帳は付箋とセットで使ってたんですが、

 

今まで薄いノートで慣れていたせいもあってか、

(いやそういうことにしておこう)

 

厚みとページ数と右下にイラストや文章が入っているノートに、

付箋を貼る勇気すらも出ない。

 

 

買い替えるくらいならコレを使い倒してからでしょ!

もったいない!

 

ってがんばったけど、

 

とうとう先日、

手帳を開けることも嫌になっていた自分に気づき、

 

諦め。

 

 

手帳を元に戻しました。

 

 

元、というのは、

 

ここ何年か定着していた、

 

レイメイのフリーマンスリーA6というノート。

       

日付なしブロック(見開き1か月)、イヤープラン、To−doリスト

 

日付なしブロック(見開き1か月)に、

イヤープラン見開き1ページ、

To−doリスト見開き2ページのみの、

 

とってもシンプルなもの。

 

自分で日付を入れて使うタイプで、

これが面倒ということもあってほぼ日に飛びついたですが(笑)

 

見開き1ヶ月に方眼が入っているA6手帳はなかなかなくて

使いやすくて気に入ってるんです。

 

 

これと、MDノートライト

薄く持ち歩きに適した雑記ノートです。

 

薄いノート3冊1セットなんですが、

この薄いのを1冊、一緒に持ち歩いていて。

 

 

MDノートライトは基本はアイデアノートなんですが、

付箋をたくさん使うので、

 

古くなった情報や終わったことなどはどんどん剥がして、

また新しいことを書いて貼る。

 

ちょっと違うアイデアは貼り変えたり、

使ったアイデアを剥がしたり、

追加したい情報を貼り加えたり、

 

小さいノートなので使う付箋も小さいんですが、

2020年手帳(改)。

これくらいが使いやすくて気に入ってます。

 

 

結果、それからは普通に手帳を使っています。

何かを書いたり書かなかったりはその日によってですが、毎日開いてる。

 

 

憧れのほぼ日手帳でしたが、

ワタシには向かなかった、というだけの話です。

 

 

みっしり書いてある手帳とか、

見るのはすっごい好きだし、憧れだったので、残念…

 

あれはなかなか、誰でもできることではないんだなと

改めて思い知りました^^;

今日もお読みいただきましてありがとうございました!(*´∀`*)

皆様のクリックが記事更新の励みとなっています…ほんとです…

よろしければぽちっとクリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ