1LDK、3人暮らし。

リビングにアウトドアチェアを置いてみました。

こんにちは。AYAです。

本日もお越し頂きありがとうございます。

 

 

我が家のリビングには長らく自作のソファがあったんですが、部屋を広く使いたくて数年前に撤去しまして。

以前置いていた自作ソファは収納メインだったためまあまあ大きかったです。

 

 

代わりにYogibo(ヨギボー)をお迎えしたのですが…

 

暑がりのオット、夏場はYogiboに座れない。

Yogibo最大の難点は発泡ビーズが温かすぎるんです(笑)

 

我が家は最上階ド南向きリビングで大型窓があるせいか、夏場はなかなかエアコンが効きづらい。

部屋が暑くなってくるとオットは床(ラグ)に直で座るかダイニングの椅子に座ってたんですが、なんだか微妙に落ち着かなそうだったのでどうにかしてあげたいなーと。

 

でも再びソファを置くことは考えられず…

 

 

そんな時たまたま行ったホームセンターでアウトドア用の椅子が並んでいるのを見て、これか!と。

 

 

コンパクトであり、かつ居心地が悪くない。

おまけにアウトドア用なら通気性も悪くなさそう?

 

考えてみたらメリットしかない気がして、さっそく検討することにしました。

 

アウトドアチェアを自宅で使うメリットは3つ

アウトドアチェアって外で使うもの、家でもベランピングでってイメージありますけど、室内で使うにも便利なんですよね。

探していた時に我が家的に感じたメリットを3つご紹介します。

 

畳める・場所を取らない

もうこれが一番ですね、我が家の場合は特に(笑)

部屋が狭いとか、あまりドンと大きな家具を置きたいわけではないお部屋にはもってこいです。

使わない時や来客時など広く部屋を使いたい時には畳んで収納できます。

 

アウトドア用としても使える

そもそもアウトドア用品ですからね。

もし部屋使いにしっくりこなかったら、アウトドア用として使っちゃえばいいのです。

 

我が家にもアウトドア用の椅子は別であるんですが(普段はベランダの物置に収納)、15年近く前に買って使い込んだ小さくてカラフルなのが2脚だけなので、今まで部屋に置こうとか考えたこともなく。

もし室内で使わなかったら外用として追加すればいっか、と。

 

軽い

椅子って移動するときに、ヨイショ!って持ち上げる感じなんですけど、アウトドア用だと軽いからひょいひょい移動ができます。

掃除する時も楽だし、使いたい場所に簡単に移動して使えます。

 

他のアウトドアチェアとの比較

改めて探してみるとアウトドアチェアと言っても種類が多くて悩む…!

 

最後まで悩んだ3つをご紹介します。

 

コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア

使用時サイズ:約540×550×高さ610mm (座面幅:約470mm、座面高:約280mm)

収納サイズ:約540×85×565mm

重量:約2.1kg

耐荷重:約80kg

 

最初にホームセンターでヒトメボレしたのがコレ。

店頭取扱はカーキしかなかったため似たのがないかな…と家で改めて調べてみたら他の色もありました。

参考までに2021年モデルはオリーブ・レッド・グレーと、限定でブラックがあったようです。

 

スノーピーク(snow peak) ローチェアショート

セット内容:本体、収納ケース

使用時サイズ:580×650×高さ690mm/座面高300mm

収納サイズ:160×180×長さ840mm

重量:3.4kg(本体のみ)

 

スタイルはカッコいいし、生地はしっかりしてるし、背面にポケットもあって使い勝手もよさそう、どこを取っても安定のスノーピーク。

ただフレームも生地もしっかりしている分、折りたたんでも結構しっかりなサイズ感です。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ背付ベンチ

使用時サイズ:幅1,040×奥行560×高さ665mm/座面高:285mm

収納サイズ:1,040×640×厚さ85mm

重量:約3.8kg

耐荷重:約140kg(片側:70kg)

 

実はずいぶん前からずっといいなほしいなと思っていた2人掛けのベンチ。

大きな収納ソファを置いていた当時、このベンチの下に変わりの収納ボックスを置いて使えないかなとか、結構計算してみたりした時期もありました。

(当時はモノが多くて挫折)

 

2人で座るというよりは、1人で占拠したい。

ひじ掛け部分にクッションを置いたら横に足を延ばしてゆったり使えそうなんですよね。

 

調べてみたら別売りで専用のクッションもありました。素敵。

キャプテンスタッグアルミ背付ベンチ専用のクッションカバー

サイズ(約):幅900×奥行750×厚さ100mm

 

選んだのは?→コールマンのコンパクトフォールディングチェア

サイズ感とカラーでコールマンのコンパクトフォールディングチェアに決めました。

使用時サイズ:約540×550×高さ610mm (座面幅:約470mm、座面高:約280mm)

収納サイズ:約540×85×565mm

重量:約2.1kg

耐荷重:約80kg

 

今回メインで使用するのはオットになるため本人に聞き取り調査したところ、以下の意見が。

  • ダイニング用の椅子より低い方がいい
  • 包み込まれるタイプは結局暑くなって座らなそう
  • 横長だと一人で座るときに居場所に迷いそう

 

横長タイプは最後まで捨てられなかったんですが、メインで使うの人の意見を尊重。

色は私の独断と偏見でグレーになりました(笑)

 

どこに置いた?

我が家のアウトドアチェアの定位置は窓際となりました。

リビングにアウトドアチェア。

なぜ窓際かと言うと…ここがエアコンの風が一番直接あたるんですね(笑)

暑がりのオットなので場所は重要みたいです。

(ワタシは寒がりで一番逆側が定位置なのでちょうどいいのです)

 

コンパクトフォールディングチェアの使い勝手は?

使い方は本当に簡単で、座面と背面のポールを持って持ち上げれば畳めます。

収納する時は背面のポールについているグリップの面ファスナー(よくマジックテープと言いますがこれは商品名です)を開いて座面のポールと一緒に閉じれば簡単に閉じたまま固定できます。

 

開くときは面ファスナーを開けば勝手に開きます。

 

オットは身長的には小柄な方ですが横幅がまあまああるので(笑)座面が窮屈じゃないかな?という点が少し心配でしたが…

実際届いて座ってみると左右に若干のゆとりがあり、全く問題ないとのこと。

 

オットがいないときはワタシも結構座ってますが、高すぎず低すぎずでちょうどいいんですよね。

 

アウトドアチェア自体の見た目もどっしりしていないので狭いリビングを圧迫するようなこともなく、我が家的にはこれがベストでした。

 

 

オットは暑い以外にはYogiboお気に入りなので、冬場になったらYogibo星人に戻るのかなとも思いますが…

畳むと本当にコンパクトになるので収納場所に悩まずに済みそうです。

 

 

購入してから少し経ちますが、オットがリビングにいる時はほぼこの椅子に座ってます。

気に入ってもらえたみたいでよかったよかった♪

 

 

それにしても我が家、少しずつ日常品がアウトドア用品化してる…?

 

ムスメのふとんは寝袋です。

 

アウトドア用品って機能性が高くてコンパクトでワクワクするんですよね(笑)