1LDK、3人暮らし。

40m2(40平米)の小さな我が家で、共働き親子が快適に暮らすための、モノ、コト。

テプラを新調しました!

【※この記事は旧ブログから転記したものです。】

 

ちょっと…いや、だいぶ前なんですが…

テプラを新調しました!※3月くらいに(笑)

 

我が家ではラベリングは主にテプラを使用しています。

こんなとか

(洗濯用の重曹と漂白剤入れ)

 

こんなのとか

(毎日使う薬入れ)

 

こんなんだったり

(アクアクララの蛇口下に貼られた注意ラベル。はがせないので上からペタリ)

 

ちまちま遊びながら作ってます。

 

 

以前使っていたテプラは

本体に液晶の付いたタイプよくあるタイプだったんですが、

 

テプラ本体の機能だと決まったフォントしか使えなかったり、

細かいレイアウト設定ができないため、

PCにテプラをつないでラベルを出していたのですが、

 

Windows10のアップグレードにより

まさかの使用不可に( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

(メーカーサイトさんからも公式で見捨てられました…)

 

それからしばらく、

仕方なく本体の編集機能を使ってたんですが、

とうとう我慢の限界を超え…

 

勢いで購入してしまいました( ̄▽ ̄)

 

テプラPRO SR5900Pという機種です。

 

PCやスマホからの出力専用なので、

キーボードも画面も付いてません。

 

そう、このテプラの画期的なところは

スマホからも出力できるというところ!!

 

設定に若干てこずりましたが、

なんとか我が家のネットワークに

無事仲間入りさせることができました(^^♪

 

テストプリントが成功した時の感動と言ったら!(*´▽`*)

 

スマホからの出力は『AnyFont』という

フォント追加アプリを別途導入することで

フォントの追加もできました(*´▽`*)

 

PCからは以前と同じように編集して出力できますし、

スマホからもサクッと出せます。

 

簡単なラベルだったらPC起動せず出力できる!

これは地味に便利!

 

更に

 

出力が早い!

 

音が静か!

 

これは…これまでのテプラ史上最強なんじゃ…と思ってます。

※存在感はすごいですが…

たぶん写真で見る印象より1.5倍~2倍くらいデカいと思って頂いた方が良いかと。

 

そして!

 

今まではテプラでラベルを出そうと思うと

1. テプラ本体を収納場所から出し

2. AC電源をつなぎ

3. PCを起動し

4. PCとテプラをプリンターケーブルで繋ぎ…

5. 専用ソフトで編集して出力

 

という手順が必要だったんですが…

 

今回は据え置きにしたので、

本体オンで、

簡単なラベルならスマホから出せちゃう!

 

凝ったラベル(大して凝ってないけど)も、

PCで編集しておいて

出力したいときにテプラをオンするだけ。

 

ネットワークで出せるって想像以上に便利( ;∀;)かんどうした!

 

そういえば昔、プリンターもスキャナも有線接続だった時代、

Wi-Fiに変わったときに世界が変わったの思い出しました…

 

 

 

 

 

今回購入したテプラはこれ↓

キングジム テプラPRO SR5900P

予想よりゴツかったです(笑)

でも機能は大満足♪

 

でも実は…これがほしかったんです…

ブラザー PT-P300BT ラベルライター ピータッチ キューブ スマホ接続専用

インテリア系ブログさん方の間でもとっても有名で。

ミーハーなワタシもその波に乗っかろうとしたんですが(笑)

我が家のテプラテープの在庫を捨てるわけにもいかない、

ということもさることながら、

メインでほしいPC接続機能がなかったので泣く泣く諦めました( ;∀;)

0
今日も読んでいただいてありがとうございます!
どちらか↓クリックしていただけると更にがんばれます(`・ω・´)シャキーン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

コメントを送ってみる。

メールアドレスは公開されません