1LDK、3人暮らし。

40㎡(40平米)の小さな我が家で、共働き親子が快適に暮らすための、モノ、コト。

3月11日という日。

2014.03.11 (Tue)
今日は3月11日。

東日本大震災から3年が経ちました。


過去にいくつもの震災がありましたが
この震災を特別視するのは

被災地ではなかったとは言え、
やはり自分もその地震に触れたから。


他所様のプライバシーに触れてしまうこともある為
書きたいこと全てを書くことができませんが


その日、その時間、
仕事中だった私は

地震が収まった直後、
保育園と親に電話をしましたが

双方から『大丈夫』
と言われたことで安心してしまい、
ろくに情報収集もせず
仕事を再開してしまったため

夕方の帰宅時に外に出ると
そのまま帰宅困難者となりました。

とは言え
当日中にはムスメを引き取ることもでき、
ふたり帰宅で。
その時はまだ危機感は少なく

オットは同じく帰宅困難者となり
会社に留まったため

眠るムスメの隣で
どんどん増える震災の悲惨な状況を
ネットで目の当たりにし、
不安の夜を過ごしました。

そして一夜明けると状況は更に悪化。

電車は動かず、
続いて計画停電の通達。

輸送困難と買い溜め者続出のため
食料や日用品の調達がままならなくなり、

水道水が危険だという情報が流れ、
当時ウォーターサーバーも
水の備蓄もしていなかった我が家は
水を探しに走り回りました。

被災地ではないのに困窮する生活、
混乱して告げられる情報、
子供をどうしたらいいのか、
そればかり考えていました。


その後、
徐々に平穏な日常を取り戻すと共に
恐怖感も薄れていきましたが

未だに、ちょっとした揺れにも
過敏に反応してしまい、

ムスメにヨシヨシ宥められる私…(ノД`)


あの日のことは絶対に忘れません。




今後起こりうる何かの為に
先日、1冊の本を買いました。
いのちを守るハンドブック
OLIVE いのちを守るハンドブック


パルシステムのカタログに書籍ページがあり、
なんとなく目に留まって注文。


照明のスイッチを押せば電気が付き、
蛇口をひねれば水が出て、
コンロのスイッチを押せば火が点き、

携帯やPCはネットにつながるのが
当たり前な毎日の中で、

もし通信機器が使えなかったら

『分からない時はネットで調べる』
ができないから。

一通り読んだら
防災バッグに忍ばせようと思います。
関連記事


今日も読んでいただいてありがとうございます!
どちらか↓クリックしていただけると更にがんばれます(`・ω・´)シャキーン
にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ シンプルスタイル(インテリア・雑貨) ブログランキングへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック